昨今、膨大な量のアフィリエイトサイトがあふれている中で、アフィリエイトを成功させるために必要不可決なのが「コピーライティング」です。

ページを開いた人の目を引き、そして購買意欲を掻きたてるには、商品をより魅力的に紹介する文章力が必要です。

こちらでは、見た人が思わずクリックしたくなるコピーライティングについて、その具体的なやり方をご紹介します。


ブログのアクセス数は増えているけど商品が売れない人や、アフィリエイトでうまく稼げない人はコピーライティングを学んだ方が成果を出すには手っ取り早いですよ。

アフィリエイトで稼ぐ為には稼げるコピーライティング技術がとっても重要です。

効率よくブログで稼ぎたい方はぜひ知っておきましょう。


※関連記事

ブログのアクセス数と収入を増やすライティング方法!

スポンサーリンク



目次

コピーライティングとは

コピーライティングは直訳すると「広告文・書く」。つまり簡単に言うと「広告文章を書く」、もしくは「広告文章を書くための技術」のことをいいます。

私たちは日ごろの生活の中で新聞や雑誌の広告欄、ウェブサイトのバナーやテレビCMなど、様々な場所で広告文を目にしています。

商品をより魅力的に伝え、購買意欲や購読意欲を掻きたてるのが広告文の役割です。

それを見た人の心をいかに掴むことができるか…その技術が必要となります。


コピーライティングの基本の書き方

コピーライティングの基本は、ずばり「相手にいかに伝わりやすくするかを考える」ということです。

下手に個性を出そうとひねった表現をした結果、結局何を伝えたかったのかわからなくなっては本末転倒です。


相手に伝わりやすい言葉と言い回し

サイトを閲覧しているどんな人にも伝わりやすい言葉や言い回しをしましょう。

大人でも子供でも、男性でも女性でも、コピーライティングする側が見る人を選んではいけません。見る側がサイトを選ぶのだということを念頭に置いた文章を作りましょう。


無駄な横文字や専門用語をズラズラ並べたり、抽象的な表現だけを使うのではなく、その文章を見た人が理解しやすい具体的な言葉選びや言い回しになるよう意識してみてください。

専門用語や難解な文字を入れる場合は、簡単な意味や注釈をつけてあげるといった工夫をしましょう。


見やすい文字の大きさとフォント

たくさんの情報を伝えようとして、小さな文字で詳細を長々と書いても誰も読む気になりません。

読み手のことを考えて、見やすい文字の大きさやフォントを選びましょう。


文字の大きさ

ニュースサイトなどはニュースの内容を読んでもらうことを第一としているので、一番可読性(読みやすさ)の高い「16px」あたりの文字数が多用されます。

反対に、ブログなどの全体のレイアウトやページの目の引きやすさを重視したサイトでは「14px」あたりの少し小さめの文字で、全体をスマートに見せる傾向があります。


フォント

可読性の高いフォントの代表例は「明朝体」です。

アフィリエイトでは商品について説明する文章が必要ですが、この文章は可読性が高くなければいけません。

なぜなら、説明文を読んで魅力を感じないとほとんどの人は商品をもっとよく知ろうと思ってくれないからです。


ゴシック体はタイトルなどの目立たせたい文章に使うには効果的です。

視認性(見やすさ)が高く、文字にインパクトを持たせることができます。

たとえば、見る人の注意を引くための工事中等の看板やポスターなどにはゴシック体が多用されます。

明朝体は書籍や新聞など、「読んでもらう」ことがメインのものに使われており、デザイン的にもやさしい上品さを出すことができます。


行間と改行を意識する

文章の読みやすさには行間も重要です。

行間とは、文章の行と行の間のことをいいます。

行間の詰まった文章は文字がごちゃごちゃと見えてしまうため、読みにくくなります。

かといって行間を開けすぎても前の行とのつながりが切れた印象となり、これも読みにくくなります。


読みやすい行間例は1.5em(1文字の高さの半分)~2.0em(1文字分)ほどが良いでしょう。

また、スマホ向けアフィリエイトサイトでありがちな例として、とにかく改行を増やして行間を開けてページ数を稼ぐというやり方がありますが、これでは行間が空きすぎて読む気を無くさせます。

ページ数稼ぎが目に見えるため、読み手に与える印象としては逆効果ですので注意しましょう。


読む人を引き付けるライティングテクニック

アフィリエイトは、いかに読み手に商品への興味を持ってもらい、「もう少し詳しく知りたいな」「買ってみようかな」と思わせるかがカギです。

でも、「どうやったら読み手を引き付ける文章を書けるかわからない」「どう書けば稼げるのかがわからない」という方もいるでしょう。

そこで、読みやすく読み手の興味を引きやすい文章を作るためのポイントをご紹介します。


需要のある稼げるテーマを選ぶ

アフィリエイトをするなら、たくさんの人に読んでもらわなければ意味がありません。

そのためには需要のあるテーマを選ぶことが必要です。一定数の需要が常にあるテーマをじっくり長期間かけて紹介してくのもいいですし、話題性がある流行をその都度切り替えて紹介していくのもいいでしょう。


たとえば、自動車やバイクは移動手段として使う人も多く、趣味として持っている方も多いので、常に一定の需要があります。また、ペットや保険、教育なども爆発的な人気はなくともしっかりと一定の需要があるテーマです。


風化も早いですが話題性のあるテーマとしては、その年の流行のファッションや飲食物、映画、アニメなどが挙げられます。

今はインスタグラムなどで人気の、いわゆる「インスタ映え」を狙った商品も多く出てきていますので、それらの需要を狙うのもいいでしょう。

ただし、話題性に特化したテーマは、常に流行を追い続けるためのフットワークの軽さが必要となります。


テーマについて徹底リサーチ

テーマを決めたら、そのテーマについて徹底的にリサーチしましょう。テーマについて検索し、出てきたサイトの内容を丸々コピーするようではいけません。

ネットの中には、様々な見解や解釈、正しい情報、誤った情報が溢れています。

サイトや書籍などを参考にする際は、必ず複数のものを確認して正しい情報、内容であるか確認することが大切です。

読み手の興味を引こうと誇張しすぎる表現をしたり、中途半端な情報や嘘の情報を載せることは、あなたのサイトの信用度を大きく下げることになります。


「一度離れてしまった読み手は二度と戻ってこない」この意識は常に持っておきましょう。


構成を考える

アフィリエイトは読み手をいかに文章に引き込み、商品への興味を持たせて注文画面をクリックしてもらうかがカギです。

そのために、見ているうちにどんどん「商品が欲しい」と思うようになっていく文章構成が必要です。

参考にしたいのは、消費者心理を反映した文章の法則です。

実際に消費者の心理プロセスや簡単な文章例を挙げながら説明していきますので、参考にしてみてください。


AIDMAの法則

「AIDMA(アイドマ)の法則」とは、アメリカの学者が提唱した「消費行動」についての仮説です。

Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)の頭文字を取ったもので、商売の基本であり、消費者の心理的なプロセスモデルです。


たとえば、「健康食品」を具体的な例に挙げて説明します。

  • Attention(注意)…有名な女優が愛用している、テレビで特集されていた
  • Interest(関心・興味)…効果が高そう、健康の他にも付加価値がありそう
  • Desire(欲求)…使ってみたい
  • Memory(記憶)…商品についての情報
  • Action(行動)…買い物に行った先で見つけたので購入

こんな感じになります。


「有名な女優さんやモデルさんも愛用していた!」「テレビで特集されていた!」などの情報でまず商品に注意を引きます。

その後「ダイエット食品としても優秀」や「健康効果が高い」などの情報がさらに関心や興味を引きます。

その商品についての関心が高いほど、その人の頭には商品についての記憶が深く刻まれ、外出先でその商品を見つけたときについ手が伸びてしまう結果になるわけです。

上から段階を踏んで消費者の興味の段階をどんどん引き上げて、実際に購買につなげるためのマーケティング戦略を考えたモデルといえます。


PASONAの法則

「PASONA(パソナ)の法則」とは、日本の経営コンサルタントが提唱した「消費者の購買心理プロセスのための文章構成」のことです。

ダイレクトメールやセールスレター、ネット広告で実際に利用されている法則です。

Problem(問題)→Agitation(扇動)→Solution(解決策)→Narrow down(絞込み)→Action(行動)の頭文字をとったもので、この構成にしたがって文章を作成し、効果的に購買を促していくことができます。


たとえば、「ダイエット食品」を具体的な例に挙げて説明します。


  • Problem(問題)…あなたの体重、今のままでいいですか?
  • Agitation(扇動)…今年こそ!と思いつつ、つい面倒になってしまって…。私も毎年自分に言い訳してばかりでした。
    でも、あるとき自分のダイエット方法が間違いだと気づきました。いくらダイエット食品を購入しても、肝心の食べ方が間違っていたのです。
  • Solution(解決策)…この商品をただ食べるだけでは効果を最大限発揮させることはできません。食べるのに最適な時間と、プラスアルファの心がけで、何年もそのままだった体重を5キロ落とすことに成功しました。
    やり方は~~~~~。
    私の友人にもやり方を教えたところ、彼女は3か月間で3キロのダイエットに成功しています。
  • Narrow down(絞込み)…ただし、このダイエット食品は希少価値の高い材料を使っており、無添加なので大量生産ができません。本気でダイエットを頑張りたい方に、本当に良いものだけを使った商品をお届けしたいという理由から、ダイエット特別セットを限  定100個のみ販売しています。
    次回の販売がいつになるのかは未定です。
  • Action(行動)…絶対に今年の夏までになんとかしたいと思う方、今度こそダイエットを成功させたい方はぜひこちらからご注文ください!

上記のように、まずはターゲットへの問題提起を行い、その後問題点を煽り立て、「なんとかしないとけない」と現状の問題の深刻さを理解させます。

その時、自分の体験談も併せることで消費者の共感を得ることができ、その後の話に引き込みやすくなります。

ここで問題点の原因までを載せてあげることで、もっと詳しく知りたい!という読み手の興味を引くことにつながるわけです。


そして次にその商品の特徴、使うことのメリットや詳しい使い方など、様々な情報を載せていきます。

これを使うことで自分がどうなるか、商品は信用に値するモノか、既に使用している人の口コミなどで説得力を出しましょう。


いよいよ最終段階は、その効果や信頼性を理解してもらったあと、商品の限定性、緊急性の演出をします。

いつでもどこでも手に入るものではないですよ、と促してあげることで購買意欲を掻き立て、さらに、限定するだけの理由(大量生産ができない・材料が少ない)を明記することで、その緊急性に説得力を出すのです。


最後に「購入はこちら」「もっと詳しく知りたい方はこちらのページへ」と行動を呼びかけてください。

商品の注文ページへ飛ぶためのボタンをわかりやすく目立つように設置し、クリックを促すわけです。


QUESTの法則

「QUEST(クエスト)の法則」とは、アメリカのコピーライターが考案した「コピーライティングについての法則」です

Quallity(絞り込む)→Understand(共感)→Educate(啓発)→Stimulate(興奮)→Transition(変化)の頭文字をとったもので、自分の抱える問題や欲求の解決策を探している人向けの文章モデルです。

たとえば、「肩こりに効果のある商品」を具体的な例に挙げて紹介します。


  • Quallity(絞り込む)…毎日肩が痛い、重い、ということはありませんか?この肩こりから解放されたらどれだけ楽になるだろうと思いながら過ごしていませんか?
  • Understand(共感)…私も昔はいろいろな肩こりグッズを買いあさり、試す毎日でしたが、どれも効果を実感できずにいました。試したときは「これは効く!」と思っても、数日足らずで効果を感じられなくなってしまうのです。
    そのうち肩こりのせいで頭痛、吐き気などを起こすようになり、仕事中まともに机に向かうことすらできないこともありました。上司の冷たい視線を感じながら、自分の体を騙し騙し過ごす日々…辛くてたまりませんでした。
  • Educate(啓発)…ところがこの商品を試してみたところ、あれほどひどかった頭痛がまず解消しました。肩こりはすぐには改善しなかったものの、頭痛も吐き気もなくなるだけで夢のようでした。
    商品の使用を続けているうちに、寝起きが前より楽になったことに気づいたのです。
    実際に大学病院で受けた検査の結果、商品を使う前と後では数値にこのような差がでたのです。
    データや詳細~~~~~~。
  • Stimulate(興奮)…私と同じようにひどい肩こりに悩んでいる方は、まずこのお試しセットでぜひ試してみていただきたいです。今なら特典がついても価格は変わりません。でもこのお試しセットは今回限りの企画のため、数量限定で〇日までだそうです。お早めにお申し込みください。
    あれほどひどい肩こりに悩んで毎日を憂鬱に暮らしていた私が、「なんだか明るくなったね」「前より仕事に意欲的になったね」といわれるようになったのは間違いなくこの商品のおかげです。
    同じ悩みを抱えている方を救いたいという気持ちでご案内します。
  • Transition(変化)…この商品には効果が実感できなかったら返金できる、返金保証がついています。効果に自信を持って販売している証拠だと思います。
    本当に効果があるか気になると言う方は、まずは〇日間のお試しから始めてみてください。一緒に肩こりの悩みから解放されましょう!
    ご購入はこちらからどうぞ!

上記のように、まずはこの商品を必要とする読み手を特定して、いかにその問題が現状を悪くしているかを自覚させます。

その後自分の体験談などを交えて共感を得つつ、どれだけその問題で辛い思いをしているのか、また、その痛みなどを強調します。

それから商品が信用に足る根拠となる証拠やデータなどを挙げ、商品を使用することへの説得力を上げていくのです。


あとはその商品を使うことで得られる満足感、使用した未来像を強調し、読み手の興奮を煽ります。

あとは商品の購入を促すとともに、最後の一押しをします。


リーズンワイを意識した文章

「Reasons Why(リーズンワイ)」は、読み手が感じる疑問(Whyなぜ?)を解決するために、あらかじめ主張している内容に具体的な理由付けをして、その疑問に回答し説得していくというテクニックです。

例えば、ひとつの商品を売りたいと考えている場合。


読み手:なぜあなたから買う必要がある?
回答:この商品について専門性がある、このサイトから買えば特典がつく など

読み手:なぜ私に売ろうとするの?
回答:この商品はあなたの抱えている悩みを解決できる、あなたがやりたいことができる など

読み手;なぜこの商品なの?
回答:他の同様の商品と比べてここが優れているから、あなたの症状に最適だから など

読み手:なぜ今買うべきなの?
回答:今なら特別価格、数量限定だから など

読み手:なぜこの価格なの?
回答:貴重な成分を使っているから(高い)、材料を自社で仕入れ生産しているから(安い)


上記のように、読み手が感じる「なぜなの?」という疑問を払拭できるよう、的確に説得していくのがリーズンワイのテクニックです。

ただ、説得しようとして根拠のないことを言ってはいけないため、商品に関する情報をしっかりと集め、明確な回答ができない場合は文章にしないようにしましょう。

的確に読み手の疑問を解消していくことができれば、読み手は納得せざるを得ない状態となり、「買わない理由がない」状態になります。

アフィリエイトで商品を紹介していく際は、文章によって「買わない理由がない」状態に持っていくことが目標です。


コピーライティングにおけるリサーチの重要性

コピーライティングをするうえでリサーチは最も重要です。

なぜなら、その商品をよく知らないままでは説得力のある文章を作り出すことができないからです。

とにかく商品名だけを羅列し「この商品はすごいですよ!」と言われても、「なにがすごいのか?」「どんなものに効果があるのか?」がわかりません。

「この成分が入っていて、こんな症状に効果がある」「この希少な成分をこれだけの量、配合しているのはこの商品だけ」など、「なにが」すごいのかを説得できる情報がなければ読み手は興味を持ってくれません。


アフィリエイトというと、適当に商品を紹介すればお金になる楽なサイトだと勘違いしている方も多いのですが、アフィリエイトできちんと稼ごうと思ったら、その商品の販売元サイトに匹敵するほどの情報をリサーチしなければ購入してもらうことは難しい、ということを認識しておきましょう。

それでは、どのようにしたらより詳しい情報を手に入れることができるのでしょうか。その具体的な方法を具体的にいくつか紹介します。


複数のサイトからリサーチする

商品を紹介するにあたり、必ず複数の場所から情報をリサーチする癖をつけてください。

1つのサイトの情報を鵜呑みにすると、もしそのサイトが正しくない内容を記載していた場合に、自分のサイトも巻き添えになります。

中には決めつけや思い込みで情報を載せている場合もありますので、複数のサイトをチェックすることで虚偽の情報を見つけやすくなります。


商品について記載されている上位サイトを一通りチェックする

商品の販売元の公式サイト、商品を販売しているサイトの紹介文や説明、実際にその商品を使った人の口コミなど、商品名で検索して出てくるページ上位10サイトくらいは一通り目を通していき、情報の取捨選択に慣れていきましょう。


使用されている成分/材料についても調べる

商品に使用されている成分やその効能についても、合わせてサーチしてください。

「使用されているこの成分(材料)にはこんな効果がある、だからこのような症状に効く」という説明があるだけで説得力が増します。


自分が読み手になってみる

まずは自分が読み手の気持ちになって商品を確認し、「使われているこの成分ってどんな効果なのかな?」「他の会社の似た製品と比べるとどっちが効きそうかな?」など、どんなことでもいいので疑問を持ちそれについて調べていく、ということを繰り返していくとリサーチ力を上げることができます。


コピーライティングには知るべき「3つのNOT」がある

いかにサイトを読んでもらうかが重要なアフィリエイトサイトでは、知っておくべき「3つのNOT」があります。

これを意識して文章を書くことで、少しでも可読性をあげていきましょう。


NOT READ(読まない)を越える方法

基本的にネットで調べたい商品などがあるとして、大体の人は開いたサイトを上から下までしっかり読むことはありません。

パッとみて認識できる情報や、全体の流れをさらっと確認し、興味が起こればそこで初めてきちんと読んでもらう可能性が高まります。

そのために、何を伝えたいか簡潔にわかりやすいタイトルや文章デザインにしなければいけません。


NOT BELIEVE(内容を信じない)を越える方法

主張するためには、その主張を信じるに足る根拠が必要です。

口コミや「効果があるそうです」という曖昧なものではなく、出典元が明記できる科学的なデータなどでしっかりした根拠を示すことが重要です。


NOT ACT(読んでも行動しない)を越える方法

文章を読んで理解し、内容を信じてくれたあとは実際に購買してもらうだけですが、ここで止まってしまう理由は「決断力の不足」や「行動を起こすのが億劫」、「どうすればいいのかわからない」などがあります。

決断力が不足している方には最後の一押しをする文章を入れたり、行動を起こすのが億劫だと思う人にはすぐに購入ページに飛べるようわかりやすいボタンを置いたり、スムーズに買い物をするためのフローチャートを記載するなども効果的です。


ありがち!コピーライティングで失敗してしまう人

アフリエイト初心者

最後に、コピーライティングでありがちな失敗例を具体的にご紹介します。

自分はこうなっていないか?定期的に振り返ってみる癖をつけましょう。


ターゲットが絞れていない

この商品はどんな人をターゲットにしているのか?を意識しながら文章を構成することが大切です。

肩こりに効く商品なら肩こりに悩む方をターゲットに、腰痛に効く商品なら腰痛に悩む方をターゲットに、言われてみれば簡単なことですが、意外とできていない人は多いのです。


ターゲットを無視した文章

ターゲットを無視してとにかく自分の伝えたいことだけを記載しているだけではいけません。

ターゲットの気持ち(悩み)に寄り添い、共感を持ってもらうことで「じゃあ試してみようかな?」という気持ちにさせることが大切です。


単調な文字の羅列

「こんな症状に効きます」「〇〇の成分が使われています」など、ただ単調な文字を羅列しているだけならいっそ箇条書きだけでいいくらいです。

読み手を引き込むために、商品のターゲットに合わせてちょっとくだけた言い方をしたり、丁寧な言い回しにしたりと、工夫してみてください。

タイトルや文章で文字の大きさを変える、サイト全体のデザインを見直すなど、「読みやすいサイト」にしていくことも大切です。


誇大表現が多い

「癌が完治した!」など、誇張表現が過ぎる文章はいけません。

「症状が改善した」「数値が平均値内に収まった」など、その商品を使うことで100%の効果が出たかのような言い切りや誇大表現を多用するのはサイトの信ぴょう性を下げてしまいます。


コピーライティングをさらに詳しく知りたいときにおすすめの教材

ここまで紹介してきた方法だけでなくもっと詳しく、売上を上げることができるコピーライティングについて知りたい方には以下のサイトをご紹介します。

「Catch the Writing」

公式サイト Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)


ブログの書き方に自信がない方や稼げるコピーライティングを学びたい方は、一度参考に読んでみてください。

※関連記事
キャッチ・ザ・ライティングで商品が売れる記事が書けるのか?


まとめ

自分が読み手になったつもりでコピーライティングしよう

アフィリエイトサイトには、読みやすさ、パッとみたときにきちんと最低限の情報が目に入ってくるかどうか、文字の大きさは読みやすいか、行間は程よいか、商品の詳細があるか、具体的なデータがあるかなど、非常にきめ細やかな配慮が必要です。

自分が事前情報なしの状態で商品を探す読み手になった場合、このサイトを見て疑問がきちんと解決するか、購買意欲が湧くかなどを確認しながら作成していきましょう。

実際に有名なアフィリエイトサイトではどのように紹介しているかなどを参考にするのもおすすめです。ただし、参考にする程度にとどめ、丸々真似するのはNGなので気を付けてください。

今回ご紹介したテクニックを意識しながら、自分なりの稼げるページを作り上げていきましょう。

スポンサーリンク


※アフィリエイトで稼ぐ為にオススメの記事の書き方の関連記事です。

アフィリエイトで稼ぐためのブログ記事の書き方3つ
トレンドアフィリエイトにオススメの記事の書き方!アクセスアップするコツ
商品が売れる記事の書き方!アフィリエイト初心者にでもすぐに書ける方法
簡単にアフィリエイトブログの記事が書けるようになる方法!文章の書き方
アフィリエイトで商品が売れる文章の書き方!記事を書くスピードも速くなる
アフィリエイト初心者へ!基本的なブログ記事の書き方と構成

※アフィリエイトの関連記事です。

スマホアフィリエイトの正しい始め方!初心者が稼げる方法
アフィリエイト初心者おすすめ!始め方がわかる本2017年最新ランキングベスト10
猿でもできるトレンドアフィリエイトブログの始め方!順序とやり方!2017年最新
アフィリエイトサイトの作成代行会社ランキング!
ブログアフィリエイトに最適!初心者向けに「ワードプレス」を分かりやすく解説!
アフィリエイト初心者へ!FC2ブログで稼ぐやり方
アフィリエイトで稼ぐやり方を素人や初心者に分かり易く伝えるブログ
wordpressを使ったアフィリエイトの始め方!本気アフィリエイトのやり方
出会い系アフィリエイトの始め方!Twitterを使ったやり方でも簡単にできる
Instagramアフィリエイトの始め方!『いいね』と『フォロワー』の数が決めて

The following two tabs change content below.
林 源太

林 源太

北陸地方で自営業をしている『林 源太』です。40歳を過ぎた頃から将来の収入が不安になり、独学でアフィリエイトを始めました。アフィリエイトセミナーや有名なアフィリエイトの先生に助けてもらいながら、初心者でも2016年5月31日現在で月収300万円以上稼ぐことに成功しています。アフィリエイトを始めてまだ2年と少しの初心者ですが、同じ悩みを持つ人も多いと思うのでサイドビジネスや副業などをブログで紹介していきます。 好きな食べ物 のどぐろ 好きな言葉 なんとかなるさ 血液型 a型