2017年以降に多くの投資家が仮想通貨取引に参加するようになりましたが、特に人気を集めているのがビットコイン(BTC)とリップル(XRP)の2つです。

両方ともインターネット上でコインの受け渡しが可能で法定通貨との交換レートが変化するという特徴を持ちますが、システムの仕組み・発行枚数・価格などの点で、違いがあります。

今から仮想通貨投資を始めようと思っている人に向けて、ビットコインとリップルの違いをわかりやすく、両方の仮想通貨を比較しながら違いを解説します。


※関連記事

【仮想通貨】ビットコインとイーサリアムの違いを比較!

ビットコイン(仮想通貨)の人気取引所!手数料の比較大全集

スポンサーリンク



ビットコインとリップルの仕組みの違い

ビットコイン(BTC)の仕組みは、日本円や米ドルなどのお金(通貨)と同じように決済を行う目的で開発され、第3者を仲介せずに個人同士でコインの受け渡しをする機能(P2P)を持っています。

ただし開発者が誰なのかはいまだに特定されていません。


BTCのコインは多くの種類の法定通貨と交換することができるだけでなく、モノやサービスの支払のためにコインを利用することができます。

新規に発行されるコインはプログラムによって自動的に生成(採掘)・流通する仕組みになっていて、システムの運用に協力した人に報酬として支払われます。


新規に発行されるコインの枚数や総発行枚数はあらかじめプログラムによって決められていて、時間の経過と共に供給量が減少します。


これに対してリップルは他の多くの仮想通貨のように単一のオンライン通貨でなく、銀行間の国際送金などに利用する目的で開発されました。

ちなみに開発者はシリコンバレーのエンジニアであったJed McCalebが率いるグループです。


XRPの発行や流通枚数はRipple社によって管理され、流通量が調整されています。

リップルのネットワークを利用すれば少ない手数料で法定通貨や仮想通貨の間で送金・両替を行うことができます。


XRPは法定通貨や仮想通貨を両替・送金する際に、橋渡しをする役割を果たします。

例えば日本から外国に国際送金をする場合には、最初に日本でJPYをXRPと交換します。

入手したXRPのコインを外国のゲートウェイに送信して、現地の法定通貨と交換してから相手国の銀行口座に振込をすることができます。


ビットコインは1回の送金取引をするのに約10分かそれ以上の時間がかかりますが、リップルは約4秒で送信することができます。

国際送金をする場合でもXRPの形で保有する時間が非常に短いので、送金をしている間に相場が変動して交換レートが変化してしまう影響を気にする必要がありません。


運営の仕組みについてもそれぞれの仮想通貨には大きな違いがあります。

ビットコインの取引台帳の管理はブロックチェーン方式なので、誰でも自由にシステムの運営に参加することができ、信用ができる管理者を必要としません。

これに対してリップルの管理にはブロックチェーン技術が採用されておらず、コインの発行量・流通量・送金手数料などについては全てRipple社が管理しています。


BTCとXRPのコインについてシステムの運用方法(仕組み)や送金時間・通貨の目的などを比較すると、両者に大きな違いがあることがわかります。

これらに加えて発行枚数やコイン1枚当たりの取引価格についても違いがあります。

※ビットコインのことを詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

ビットコインとは何か?猿でもわかるように簡単に解説


ビットコインとリップルのコインの上限量

両方の仮想通貨には発行枚数の上限や最小分割単位などが定められています。

ビットコインの総発行枚数は2,100万BTCで、リップルのコインは1,000億XRPです。

単純に発行枚数だけを比較すると後者の方が多いように見えます。


ただしビットコインは一部のコインが採掘されていないので、2018年1月時点で既に発行されたコインの枚数は1,700万BTC弱程度です。

リップルの方もRipple社によって半分以上のコインがロックされているため、現在は一部のコインしか流通していません。


それぞれの仮想通貨の流通枚数を比較してみると、2018年1月時点で1,700万BTC弱および、400億XRP弱に相当するコインが仮想通貨投資または決済・送金などのために売買取引に使用されています。


1BTCは小数点8桁(1億分の1)まで分割をすることができますが、1XRPは小数点6桁(百万分の1)までしか分割することができません。

単純に両者の最小単位(satosiとdrop)の枚数を比較してみると、リップルはビットコインに対して23倍程度しか流通していないことになります。


BTCはマイニングによって時間の経過と共に少しずつ通貨が供給され続け、ユーザーがウォレットの秘密鍵データを紛失しない限りは、発行されたコインが消滅するようなことはありません。


これに対してXRPはRipple社が保有するコインのロックを解除しない限りは流通枚数が増えることがない上に、送金取引を行う度に手数料に使用される分が消費(消滅)される仕組みになっています。

2018年時点でBTCは年率に換算して4%弱の割合で総発行枚数が増加していますが、XRPは時間の経過と共に少しずつですが、流通枚数が減少して希少性が増すという特徴を持ちます。


両方の仮想通貨には利用者数や時価総額に関係なく、発行枚数に上限が定められています。

世界中で仮想通貨の決済または国際送金を行う目的で普及が進んで、通貨の需要が増加したとしても流通枚数は一定ですが、細かく分割することで多くの人がその通貨を利用することができる仕組みになっています。

このため取引に利用される仮想通貨の時価総額が増加すれば、必然的にコイン1枚あたりの価格が上昇することになります。


2017年以降に日本を含めて世界中で多くの国や地域に仮想通貨取引所が開設されて、BTCやXRPと法定通貨の取引が行われるようになったのに伴い、それぞれの相場が急激に上昇しています。

※ビッコインが買える人気の仮想通貨取引所です

ビットコインの購入方法とオススメの取引所比較ランキング15選


ビットコインとリップルの価格は今いくら?

日本国内の一部の仮想通貨取引所を利用すれば、日本円に対して売買取引ができます。

2018年2月9日時点のコイン1枚あたりの価格を比較すると、リップルは75円~85円の間で売買取引が行われています。

これに対してビットコインの価格は1BTCあたり80万円~90万円の間で推移しています。


仮想通貨のコインは細かく分割することができるので、取引所・販売所のサービスを利用する場合には数百円~千円程度の少額でも購入することができます。

仮想通貨は時価総額や流通枚数が違うので、単純にコイン1枚あたりの価格だけで両者の価値や将来性を比較することはできません。

値上がり幅を比較すれば、それぞれの仮想通貨がどれだけ期待されているのかがよく分かります。


ちょうど1年前の2017年1月時点では1BTCの価格は10~12万円で、1XRPは0.7円前後で取引が行われていました。

2017年1月~2018年1月までの期間中に1BTCあたりの価格が約10~15倍上昇したのに対して、1XRPあたりの価格は150倍以上も値上がりしたことになります。


分かりやすい例で考えると、2017年1月時点でそれぞれ1万円分の仮想通貨を購入したと仮定します。

1年後にビットコインが約13万円に値上がりしたのに対して、リップルは150万円以上に値上がりしたことになります。


2017年1月~2018年1月にかけての間に、いくつかの仮想通貨の相場が大幅に上昇しました。

他の多くの仮想通貨と比較した場合でも、リップルの値上がり幅が非常に大きいので、将来性が期待されていることがわかります。


2017年中に特にXRP相場の上昇が顕著であった理由は、日本のメガバンクも含めて世界中の主要な商業銀行の間で、リップルネットワークを国際送金業務に活用する計画があるからです。

実際にXRPを利用して国境を越えて銀行間の送金を行う実験が実施されています。


現在は仮想通貨の購入者の多くが個人投資家で占められていますが、近い将来に銀行間の取引で多額の資金が流入すれば、コイン1枚あたりの価格がさらに上昇する可能性があります。

1XRPは100万dropまで分割することが可能なので、仮に1枚あたりの価格が現在の1,000倍に相当する10万円になったとしても、0.1円単位で取引を行うことができます。

これらのことから、リップルは1,000種類以上も存在する仮想通貨の中でも特に期待されていると言えます。

※ビットコインの購入方法の詳しい記事です。

ビットコインの買い方と売り方!いくらから買えるのか?

【初心者向け】ビットコインの買い方と手順!購入前に必要な準備物とは


ビットコインやリップルはGMOインターネットグループの【GMOコイン】で購入できます



まとめ

ビットコインとリップルはお互いに機能や役割が違うので、どちらの方が優れているかを議論することはできません。

それぞれの仮想通貨はお互いに別の用途で必要とされているからです。

ただしビットコインについては同じような機能を持つアルトコインが多数存在しますが、銀行間の国際送金取引を行うために開発されたリップルの代替通貨は存在しません。

スポンサーリンク


関連記事

【仮想通貨】ビットコインは稼げるのか?HYIP(ハイプ)投資は危険!

ビットコインFXの始め方!オススメの人気取引所7選を徹底比較

The following two tabs change content below.
林 源太

林 源太

北陸地方で自営業をしている『林 源太』です。40歳を過ぎた頃から将来の収入が不安になり、独学でアフィリエイトを始めました。アフィリエイトセミナーや有名なアフィリエイトの先生に助けてもらいながら、初心者でも2016年5月31日現在で月収300万円以上稼ぐことに成功しています。アフィリエイトを始めてまだ2年と少しの初心者ですが、同じ悩みを持つ人も多いと思うのでサイドビジネスや副業などをブログで紹介していきます。 好きな食べ物 のどぐろ 好きな言葉 なんとかなるさ 血液型 a型