ビットコインとFX、どちらも近年話題で人気となっていますが、今では仮想通貨をFXの取引に使用でき、様々なメリットを得られるようになりました。

投資の選択肢の一つとして気にはなっているけれど、FXはさておきビットコインでの取引はしたことがないという人のために、この記事ではビットコインFXの始め方とどのようなメリットがあるのかを解説します。

ビットコインFXの取引ができる人気取引所7選もご紹介しますので、効率よく投資するためにぜひ検討を!

※関連記事

ビットコイン(仮想通貨)の人気取引所!手数料の比較大全集


スポンサーリンク


ビットコインFXとは


投資先の一つとして、すっかりおなじみになった金融商品、FX。

それなら既にやっているという人も多いかと思いますが、ビットコインでのFX取引はまだやったことがないという人は多いのではないでしょうか。


今までのFX取引は、開始時に銀行からの振込やクレジットカード払いで証拠金となる資金を入金することで行ってきましたが、今やそれをビットコインで行うことができるようになっています。

様々なメリットが得られる、ビットコインFXの人気の魅力とはどのようなものなのでしょうか?


※関連記事

ビットコインとは何か?猿でもわかるように簡単に解説

ビットコインの買い方と売り方!いくらから買えるのか?


ビットコインとは?FXとは?


そもそもビットコインとは何かというと、仮想通貨の一つです。

通貨なのでお金には変わりないのですが、「仮想」ということで、見たり手に取ったりすることはできません。

似ているのが現実的に手には取れないけれど、貯めることで商品やサービスと交換できるポイントやマイレージですが、ビットコインは現金にも換えられる換金性もあるのが特徴です。


ところでFXは何の略語かというと、Foreign Exchangeのこと。日本語にすると外国為替証拠金取引といい、略して外為(がいため)と呼ばれることもあります。

従来のFXは保証金で為替(外国通貨)を買い、その為替を売却する際にレートが変化したり、レバレッジを利用したりして取引額を増やし、その差額を利益として得ることができるというしくみでした。

もちろん売却する際にレートが悪くなっていれば、損をすることもあります。


外国の通貨=為替を売る際、日本円に換金することで買った時の額との差額が発生します。

これだけなら外貨預金とあまり変わりがありませんが、元金に対して数倍の額を運用するレバレッジ(「梃子」の意)を利用できるのが、FXの特徴です。


うまく行けばレバレッジのおかげで元手を大きく増やせますが、失敗すれば損失も大きいので気をつけなければなりません。

また、FXで金利が低い通貨を売って金利が高い通貨を買うと、スワップポイントという金利差を受け取ることができるのも特徴です。

これは各社によって率が違うので、比較検討してみましょう。


ビットコインFXの特徴

ビットコインでのFX取引ですが、仮想な存在なので取引の途中でお金が移動することがないのが特徴です。

取引している間は、この為替を買った、あの為替を売ったというトランザクションは記録されますが、実際に資金が動くのは、取引の最後だけです。


現実に持っている額を手元においたまま取引を開始できたり、資金の額以上の取引ができることは魅力でもありますが、失敗すれば損失の額は大きくなります。

ビットコインFXならではのリスクを想定して、取引を開始しましょう。


差金決済取引

ビットコインFXが登場する前のFX取引では、取引と共に資金である保証金が動く現物売買が中心でした。

現物売買とビットコインでの取引は、最初に補償金を入金するか、ビットコインを購入するという点では似ています。


ではどのように違うかというと、ビットコインは仮想の存在なので、それ自体の受け渡しは行わないまま取引が可能。

売買した価格の差額部分のみを、日本円で受渡しすることが可能です。

これを差金決済取引と呼び、ビットコインFXの特徴となっています。


売ることから取引を開始できる


ビットコインFXは現物取引ではないため、資金がなくても先に売ることから取引を開始することができることも現物売買との違いです。

ただしその後の取引で利益が出ないと損失となってしまいますので、初めての取引では利用しない方がよいでしょう。


ビットコインFXのメリット・デメリット


ビットコインFXは、実際に持っている資金以上に大きな取引できる信用取引ですから、当然メリットとデメリットがあります。

メリットは少ない資金でも成功すれば、大きな利益を得ることができる点。

デメリットは失敗した場合に損失額が大きくなる点です。


仮想通貨で取引すると、実際にお金が動くわけではないため、つい多額の資金を使ってしまいがち。

ですので仮想通貨でのFX取引に慣れていないうちは、調子に乗ってレバレッジの倍率を上げず、慎重に行いたいものです。


ビットコイン取引所って何?


ではビットコインFXはどこで取引できるのかというと、ビットコインの取引所、または販売所で可能です。

この2つの相違点は、取引所は他のユーザーからビットコインを買えるところですが、販売所は運営しているビットコインの販売元から直接買うのが特徴です。


取引所では何ができるかというと、株式の売買にも使われる板と呼ばれる表を介して、他のユーザーがいくらで売りたがっているのか、どのぐらいの量があるのかを見ることができます。

逆に買いたい人の注文を見ることもできるので、いくらで買いたい人がどのぐらいいるのかを把握できます。

取引所では「〇円で買いたい」という指値が可能ですが、販売所では値段が指定できないので成行で買うことになります。


ビットコイン取引所の選び方

販売所では直接取引をしているので、すぐにビットコインを買えますが、手数料がやや割高ということがデメリット。

ただしビットコインの人気が上がって取引所では手に入りにくくなっても、販売所では買えるというメリットもあります。

ビットコインFXの場合、DMM Bitcoinのような販売所でも取引が可能です。


ではビットコインFXは取引所と販売所の、どちらを介した方がいいのでしょうか?

これはやはり手数料が安いという点で、取引所を選ぶべきでしょう。

FXのようなレバレッジ取引をする場合、売値と買値の差であるスプレッドが手数料となりますが、この幅が広いと手数料が高くなります。


この手数料が高いと、せっかくビットコインが値上がりしても利益が相殺されてしまい、頻繁に取引する際にはネックに。

また、ビットコイン以外の仮想通貨でレバレッジ取引する場合は、さらに手数料が高くなる場合もあるので、取引前にチェックを。


ビットコインの購入方法とオススメの取引所比較ランキング15選


手数料と取引高をチェック

ビットコインFXを始めるにあたり、どの取引所を選んだらよいのか悩むところかと思います。

初心者の場合は画面の使いやすさを重視するという選び方もありますが、やはり投資の観点からいうと手数料がどのぐらいかという点をチェックすべきでしょう。


あとはビットコインFXの取引高も確認したいところ。

取引されるビットコインの量が多いということは、その取引所で頻繫に売買が行われているということになります。

手数料の安さなど取引所のサービスがよいことが理由かもしれませんし、セキュリティ対策がしっかりしているという評判のよさかもしれません。

多角的な視点から、その取引所のメリットをチェックしましょう。


問題のある取引所の見分け方


人気のある取引所もあれば、そうでない取引所もありますが、あきらかに問題のある取引所を見分けるにはどうしたらよいでしょうか。

仮想通貨の流出事故があったばかりですし、今一番気にしたいのはセキュリティ対策。


ビットコインの保管を、コールドウォレットと呼ばれるネットワークから切り離されたオフラインで管理しているのは基本です。

マルチシグネチャーウォレットと呼ばれる、複数の秘密鍵を利用することで安全性が高まるウォレットを導入している取引所もあるので、そうした面から取引所を選ぶのもよいでしょう。


登録の際、身分証明書をアップロードしてから取引を開始できる取引所もあり、ユーザーにとっては面倒かもしれませんがこれも安全対策。

ログインの際も、IDとパスワードだけでログインできる取引所は不安ですので、二段階認証を行っているのが理想です。

時間内に引き出しできる仮想通貨の額が決められている取引所もあるので、不正な引出しを防げます。


選び方のポイント

日本の取引所でも、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)を扱うところが増えてきました。

アルトコインでのFX取引ができる取引所も出てきたので、注目してみるのもよいでしょう。

あとは、まだ日本では扱っていないアルトコインを買うために、海外の取引所を利用する人もいるかと思います。

日本の取引所より手数料が安いところもあり、海外の取引所に魅力を感じている人も多いのでは?


そして海外の取引所では、日本で扱いがなく、これから大きな利益が見込めるマイナーなアルトコインを手に入れることも可能。

その代わりアルトコインも玉石混交で、価格が上昇するどころか暴落してしまうかもしれません。

あくまで自己責任で取引を行いましょう。


ビットコインFXにオススメの人気取引所7選の比較


ビットコインは現実の為替の差額を得る方法と同様、安い時に買って高くなったら売るという方法で利益を得ることができます。

つまりビットコインを現実の通貨のように売買することができますが、取引所によってはレバレッジ取引が可能。

売る際に損をすれば損失も大きくなってしまうリスクはありますが、レバレッジの効果により実際の資金より大きな額を動かすことも可能で、利益も大きくなるのが魅力です。

取引所の中で、そうしたFXのレバレッジ取引が可能なオススメ取引所を7つご紹介します。


「GMO コイン」

おすすめポイント!初心者でも解りやすく使いやすい

公式サイト 仮想通貨FXも【GMOコイン】


「GMO コイン」は、GMOインターネットグループに属しています。

インターネットインフラ事業を中心に行う東証1部上場企業、GMOインターネット株式会社を中心としたグループなので、安心して利用することができそうです。

昔はスプレッドとは別に手数料を取るのが一般的でしたが、GMOは手数料無料。FXに対する初心者のハードルを下げたといってもよい存在でしょう。


そのためかサイトの作りは初心者にもやさしく、解りやすくなっています。

レバレッジ設定も簡単で、5倍・15倍・25倍から選択が可能。取引のためのアプリ「ビットレ君」は、値動きを見るのに細かい設定ができて便利。

チャートの機能も豊富で、簡単に注文ができます。


ところで「GMO コイン」は、実は取引所ではなく販売所。

販売所は仮想通貨を売買できる点では取引所と同じですが、直接購入ができる点が違います。

かたや取引所では、他の仮想通貨ユーザーと売買する際の仲立ちをしてくれるというわけです。


ただし販売所では成行注文しかできず、指値注文はできません。

取引所で取引する場合、一番安い価格が激しく変動しているので、成行で注文した場合、約定価格が高くなってしまうことも。

その点「GMO コイン」のような販売所にはメリットもあり、提示価格で取引されるので初心者には価格が解りやすく、取引を始めやすいでしょう。


「ビットフライヤー」

おすすめポイント!サービスが多彩

公式サイト <ビットフライヤー>


「ビットフライヤー」は、ビットコインを含む様々な仮想通貨の取引所で、日本国内での最大規模と言われています。

広告も盛んに打っていたので、目にしたことがある人も多いのでは?

ユーザー数も多くセキュリティ対策も安心なので、まずはこうした大手のサービスを体験してみるのもいいかもしれません。


サービスは実に多彩で、ビックカメラなどのリアル店舗で、仮想通貨を通常のお金と同様ショッピングに使えるようにしたのも、ビットフライヤー経由なのです。

楽天やZOZOで買い物した際にもらえるポイントを、ビットコインでもらうことができるサービスを行っているので、ビットコインになじみがない人にとってもトライしやすい環境を提供しています。


ログインしてからの操作も使いやすいので、スマホでの操作も問題なく使えることでしょう。

ところで銀行では預金1,000万円とその利息を補償するペイオフ制度がありますが、仮想通貨にはそれがありません。

しかしビットフライヤーではビットコインが盗まれた時の補償制度があるので、安心です。(ただし不正な円出金のみ)


※関連記事

ビットフライヤーのまとめ!スマホからの登録方法・入金出金のやり方・送金手数料など全部紹介


「コインチェック」

おすすめポイント!初心者でも扱いやすい

公式サイト コインチェック


「コインチェック」は、ビットコイン以外の仮想通貨の取引数第1位と言われている取引所。

取扱いしている仮想通貨が10種類以上と多いので、色々な仮想通貨を取引してみたい!という人にぴったり。

また、今まではビットコイン以外の仮想通貨を購入するには、いったんビットコインを買って、ビットコインで他の通貨を買う必要があったのですが、コインチェックでは直接買うことができるのです。

購入方法もシンプルなので、初心者にも扱いやすいサービスではないでしょうか。


コインチェックというと、2018年1月に起こった仮想通貨NEM(ネム)の大量流出が記憶に新しいのですが、これは例えていえば株の取引が行われる証券取引所がハッキングされたようなもの。

今回のミスも次につなげるため対応がしっかりしているので、今後は今回のことを教訓にしたセキュリティー対策をどのように充実させていくかに注目が集まっています。


また、仮想通貨自体が危ういと評する人もいますが、取引の記録である「ブロック」を「チェーン」のようにつないで、取引のすべてを記録するブロックチェーン技術を基に運用されているという点では、不正が起きにくいのです。

そのため仮想通貨のポテンシャルは、今後も失われることはなさそうです。


「DMM Bitcoin」

おすすめポイント!注文方法がバリエーション豊富

公式サイト DMM Bitcoin


「DMM Bitcoin」はTVCMでもよく広告を展開している取引所で、目にしたことがある人も多いかと思います。

DMMは動画配信やオンラインゲームなどの総合エンタメサイトを運営していますが、IT系の中では2009年からと比較的早くからFXも取り扱っています。


初心者でも扱いやすい取引画面、ワンタッチで取引できるスマホ用アプリによって、これからビットコインFXを始めたいという人にも解りやすいサービスを展開。

注文方法もバリエーションが豊富で、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)も扱っています。

しかもアルトコインでのレバレッジ取引も可能。

選択肢が多いので、幅広く取引してみたいという人に向いている取引所です。


「Zaif」

おすすめポイント!取引する毎に手数料をもらえる

公式サイト Zaif


「Zaif」にはビットコイン現物取引の他に、レバレッジ取引ではAirFX、ビットコイン信用取引、ビットコイン先物取引などがあります。

信用取引によってビットコインFXをするなら、ビットコインを担保として預け、その7.77倍までのレバレッジが可能。

金融派生商品であるAirFXなら25倍までのレバレッジが可能ですが、損した場合のダメージも大きいので慎重に選びたいもの。

ただし最初に預け入れた額を上回る損失は発生しないしくしくみになっているので、安心して取引ができます。


FXもそうですが現物取引以外は、日割りで手数料がかかるのでご注意を。

あとは信用取引の手数料が他社よりやや高いと言われているので、サービス内容と共に比較検討してみましょう。

ところで「Zaif」は、指値注文のみですが現物取引する毎に手数料をもらえるというサービスがありますので、コツコツとこれを貯めて他の手数料に充てられるというメリットもあります。


「ビットポイント」

おすすめポイント!セキュリティ対策には安心感

公式サイト ビットポイント


「ビットポイント」は、外国通貨とビットコインの取引もできるビットコイン取引所。

口座を開く際、本人確認書類のアップロードが必要なので、やや面倒に感じるかもしれませんが、その分セキュリティ対策には安心感があります。

FXで信用取引を行う場合は、5~25倍のレバレッジが可能。

大きくチャンスに賭けてみたい人向きと言えるでしょう。


「ビットポイント」はMT4という、FXトレードでは世界でも最高峰と言われるトレーディングプラットフォームを採用しているのも特徴です。

自動売買プログラムを自作すれば、手間がかからず取引が可能。

MT4はデモンストレーション版を使うこともできますが、期限が1ヵ月と短く過去のデータも少ないために、テクニカル分析に差し障りがあるという残念な面もあります。


「ビットバンクトレード」

おすすめポイント!レバレッジ取引に特徴がある

公式サイト 仮想通貨ならビットバンク


「ビットバンクトレード」のFXでは、レバレッジが20倍。

他社のレバレッジが5倍、10倍、15倍といったものが多いので、そこに特徴があると言えるでしょう。

そのため少ない元手を大きく増やすことも可能。

しかし預けた額を上回る損失は発生しない「追証なし」なので、元本以上に損失が発生せず、安心して取引ができるしくみです。


「ビットバンクトレード」の他の特徴として、取引で損をした場合、証拠金として預けた金額の20%を割り込まないようポジションを決済するしくみも。

強制的にロスカットすることで、損失がそれ以上膨らまないようになっているのです。

この証拠金維持率は取引所によって異なるので、ロス率が高い取引所で損を出すと、すぐに取引が終了してしまうというデメリットもロスカットにはあるのです。


初心者がビットコインFXを始める時の注意点

FXは株で言えば信用取引であり、持っている資金以上に得することもあれば、大きな損失を被る場合もあります。

そのことを念頭において取引するのは、現金を振り込んで始めるFXもビットコインを保証金とするFXも同じこと。

慣れていないうちは、レバレッジは低めに設定しておきましょう。


ロスカット機能がついていればなお安心ですが、リスクを取っても取引を続けたい人にとっては邪魔な機能でもあるようです。

そうした安全対策を取らなければチャンスは広がりますが、リスクは高まるのを忘れずに。

慣れていないうちは、FXならではの醍醐味を楽しみながらも、やはり安全対策も取っておきたいものです。


初心者がビットコインFXを始める前のチェックポイント


かなりリスクが高いビットコインFX。

初心者がお金儲けのためにトライするときのチェックポイントを作ってみました。

ビットコインFXにはリスクがあることを理解してから始めましょう。


・ 最初は全額損をしても大丈夫な金額から始めよう
・ 一攫千金を狙うのはやめよう
・ 投資したお金が全てなくなる危険性があることを理解しよう
・ レバレッジは5倍までとする!
・ 損切りラインを明確にしてから始めよう
・ 初心者には最初から利益を出すのが難しい仕組みであることを理解しよう
・ 最初は少額の遊び感覚で始めよう
・ 借金をしてまで投資するのは絶対ダメ


以上が私が思う、ビットコインFXをこれから始める初心者の方へのチェック項目です。

必ずFXの仕組みを理解してから始めてくださいね。


ビットコインFXで出た利益の税金ついて(確定申告)


ビットコインFXで出た利益にも税金がかかります。

確定申告の際にはしっかりと申告するようにしましょう。


現在国税庁や税務署は、仮想通貨取引や仮想通貨FXなどによる利益の隠蔽に、目を光らせています。

もしわからないだろうと思って利益を隠していると、追徴課税を求められ大変な税金を納めないといけなくなります。

ビットコインFXで出た利益には税金がかかることを覚えておきましょう。


税率は?

ビットコインFX出た利益は雑所得に分類され、収入の大きさによって税率も変わります。

最大では約50%の税率になると言われています。


尚、20万円以下の利益には税金もかかりませんので、少額のビットコインFXで遊んでいる分にはあまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

仮想通貨取引やビットコインFXの税金や確定申告に関しては、難しい計算もたくさんあります。

税理士や会計士などの専門家に相談して正しい納税を行いましょう。


※参考資料 国税庁


まとめ

今回は最新のビットコインFXについてご紹介しました。

全く新しい投資の方法なので、まだまだ未知数でわからないところがたくさんあります。

そのため爆発力もありますので、一攫千金を目指す方にも魅力的なビットコインFXだと感じました。


先行者が有利なところもあると思いますので、余剰金の運用にはオススメできると思います。

私もトライしていますので、また結果を報告いたしますね。笑


スポンサーリンク


※関連記事

【仮想通貨】ビットコインとイーサリアムの違いを比較!

仮想通貨投資!ビットコインは短期間でお金を稼ぐことができるのか?

【仮想通貨】ビットコインとリップルの違いを比較!

【仮想通貨】ビットコインは稼げるのか?HYIP(ハイプ)投資は危険!

The following two tabs change content below.
林 源太

林 源太

北陸地方で自営業をしている『林 源太』です。40歳を過ぎた頃から将来の収入が不安になり、独学でアフィリエイトを始めました。アフィリエイトセミナーや有名なアフィリエイトの先生に助けてもらいながら、初心者でも2016年5月31日現在で月収300万円以上稼ぐことに成功しています。アフィリエイトを始めてまだ2年と少しの初心者ですが、同じ悩みを持つ人も多いと思うのでサイドビジネスや副業などをブログで紹介していきます。 好きな食べ物 のどぐろ 好きな言葉 なんとかなるさ 血液型 a型