ブログのアクセス数を増やすためには単にアップ数を増やせば良い物ではありません。人を惹きつける内容であることはもちろん、ふとした瞬間に目にとまったタイトルが興味を引かなければその先の文章へはたどり着きません。

今回はどのようにすればブログのアクセス数が増えるのか?初心者にでもできる記事の書き方を紹介します。
スポンサーリンク



ブログのアクセス数を増やすときは「SEO」がポイントになる

ブログのアクセス数を増やすために避けて通れない物がSEOになります。別名検索エンジン最適化と言い、検索するときにそのワードになるべく沿ったサイトがより多く結果として出てくるものになります。

SEOの働きとして企業と個人に分かれます。


企業の場合はSEOを実施することでビジネスを成長させることができます。自社の商品をより多くの人に売るためには、まずは企業名を知ってもらうことから始めます。

ここはテレビのCMとはさほど変わりませんが、インターネットの場合、利用者が能動的に検索システムを利用して企業のホームページなり商品情報にたどり着くことができます。

ただ流していれば情報が頭の中に入るCMとは違って、利用者を自社のフィールドに囲い込めるかが勝負になるのです。CMで詳しい情報はウェブでチェックするように誘導するのも一つのアイディアです。


また、資金力がある企業だと、ただで商品を配ったりキャンペーンを行ったりして新規のお客さんを増やそうとします。いずれにしても、ウェブ利用者の新規お客さんをゲットしようとするには上手にSEOを使いこなさなければすぐに伸び悩んでしまいます。


一方で資金力の無いいちブロガーにとってそれはかなり困難な問題です。単純に検索ワードを増やせば良いというわけではないからです。

かつてのインターネットの世界では有効でしたが、検索エンジン技術が飛躍的に上がった現代では検索の質も向上しているので、リピーターなども踏まえた上で結果を出します。


それまで一番最初のページに来ていたのが、かなり後ろの方にブログページとして出るので、ブログに訪れてさえくれれば良いと言った状態に陥ります。

一見難しい状況と思えますが、心配することはありません。

検索エンジン上では大手の会社も個人もフラットの状態で戦えることには違いないので、適度にSEOを用いて、どうしてもこの層のお客さんは確保したいというターゲットを絞りましょう。


その人達がどのように検索すれば自分のブログにたどり着くことができるのか?知恵を絞ることによって、徐々にブログ閲覧者は増えていきます。

一時的に利用者が増えても長続きしなければブログとしては廃れてしまいます。


最低限これだけの利用者は確保したいという目標を掲げて、それが達成しやすい目標であればモチベーションも上がります。SEOはいわばモチベーションを上げる一つの要素くらいにして絶対視しない方が良いでしょう。

枠組みになどにとらわれず、オリジナリティあふれるブログが作れるかアクセス数アップのポイントです。

※SEO対策の関連記事です。興味のある方はこちらも参考にしてみてね。

SEOテンプレート賢威の効果とは!
クロスレコメンド登録にはSEO効果があるのか?
SEO対策!無料で被リンクを増やす方法!ソーシャルブックマークが自然に増える
アフィリエイト初心者にオススメのSEO対策 12!アドセンスだけで50万円稼ぐ方法
SEO対策のやり方を知らない人は僕の真似をして下さい!1ヶ月に100万円稼ぐ方法
ワードプレス有料のSEO対策テンプレートと無料のテンプレートの違いとは?
ワードプレスのseo対策テンプレートランキング!
賢威のseo対策テンプレートはなぜアフィリエイターに評判が良いのか?
ビッグキーワードで検索上位表示できる唯一のSEO対策のやり方
アフィリエイト初心者にも出来るユーチューブを使ったSEO対策のやり方
初心者がブログアフィリエイトで稼ぐコツ!seo対策に効くキーワードの入れ方と数
今すぐできるアクセスアップに重要なSEO対策のやり方!アフィリエイト初心者向け!
SEO対策にブログ記事数は関係あるのか?


タイトルの付け方①ターゲットキーワードを入れる

どんなに面白い記事ができても、それが誰をターゲットにして書かれた記事なのかはっきりしなければ長続きしません。ブログを見たときにぱっと目につくタイトルはなおさらその傾向があります。

ブログの特徴としてお金を払わずに誰でも見られるため、一見単純に記事を毎日アップすれば人気ブログになると勘違いしがちです。しかし実際は、固定客が8~9割を締め、残りの閲覧者は間違って入ってきたお客さんか、新規のお客さんです。


ブログを始めたときは全員が新規のお客さんですが、だんだんと新規が減っていき常連のお客さんばかりになります。人気ブロガーの特徴として如何に常連のお客さんを手放さないかに重点を置いているかが、記事内容を見ているとよく分かります。

長い目で見ると新規のお客さんよりも圧倒的に常連のお客さんが多いので、その人達を逃してしまうと非常に痛手になります。常連のお客さんはブログを更新すれば一度はその記事を見てくれるので、評価が良ければレスポンスだけでなく口コミで新規のお客さんを呼び込んでくれる可能性もあります。


新規のお客さんはそこまでしてブログを発展させたいとは思わず、特に愛着も無いので更新したところで見てくれるかは分かりません。確実な事柄を積み上げていくことで、人気ブログへと成長するのです。

前述でSEOが過度に効果的な時代は過ぎ去りましたが、検索の入りは今でもSEOです。このため、自分の記事をこの人達には最低でも見て欲しいという閲覧希望者を最初に想定しましょう。これにより、どのような記事を書くか、どうすれば新たにアップした記事を見てくれるのか考えやすくなります。


その上でようやくターゲットキーワードを考えるステップへと移ります。注意したいのが、記事ごとにキーワードを設けている普通のブログです。閲覧者を増やして人気ブログにするためには、自身がターゲットとしておく人たちのための特別なキーワードが必要になるのです。

このターゲットキーワードには一貫性を持たせなければ、常連のお客さんとして囲い込むのが難しくなります。10個に1~2個くらいはターゲットキーワードを敢えて外しても良いですが、基本的にはターゲット層が、今現在最も気になることをターゲットのためのキーワードがある記事を作成しましょう。

イメージとしてはまとめ記事のように、その道のプロになることが重要です。

※関連記事
初心者がアフィリエイトで稼ぐコツ!アクセスアップするタイトルの付け方


タイトルの付け方②キャッチーなタイトルを作る

人気ブロガーの記事内容は何時間見ていても飽きることはありません。文を書くことになれているというのも一つの要素ですが、どうしてその記事を見るに至ったのか行動の元をたどっていくとタイトルに興味をそそられたから見るに至ったという事実に落ち着きます。

ブログを運営するに当たって、タイトルはそれほど重要なコンテンツと言えます。単純なことですが、キャッチーなものをつけることで他のブログとの差をつけやすくなります。


この時に差をつけようとする他のブログがどのようなものなのか、ライバルを具体的に設定しておく必要があります

自分なりのライバルにするだけなので特別敵視する必要はありませんが、ライバルが似たような記事を書いていたらそれよりも良い記事を書かないとお客さんが取られてしまいます。

差をつける一つの方法に目にとまりやすいタイトルを作るというものがあります。これが意外に難しく、限られた文字数の中で興味をわかせなければなりません。初心者はどうしても記事の全てを何とかそこに入れたいと欲張るのですが、文字制限が掛かっているのでそんなことはできません。


また、タイトルがあまりにも長いと、記事ももっと長いのかと読み手が嫌悪感を抱いてしまうことにつながるので、適度な長さでインパクトがあるものにするのがおすすめです。

よく分からない人は人気ブロガーのブログのタイトルを片っ端からメモしましょう。見るだけでは言葉の運び方やリズムが体にしみこみにくいので、何回もメモして特に気になったものは複数書いて体に覚えさせます。これにより反射的に手が動くようになるので、一定以上のタイトルを書くことができます。


次に内容を読み、自分だったらどのようなものにするか考えます。相当自分の感性に自信がある人は近しい人にどちらが良いか選定してもらいましょう。理由も合わせて確認することで新しい見方を手に入れられます。

ポイントとしては記事の内容の中で最も読者に伝えたい一部分をタイトルに据えるとキャッチーなものになりやすいです。読んでみようという意欲がわくことが大切なので、多少大げさにしても構いません。


また、それを見ただけではよく分からないという方向に持って行くのも一つの手です。実際に確かめる意味でブログの読者を記事のページへと移動させられたらしめた物です。

このようにまずはインパクト重視でタイトルを作りましょう。


タイトルの付け方③文字数を28~32文字ぐらいにする

タイトルの付け方のポイントとして、文字数をなるべく少なくすることがこつです。納得いく素晴らしい記事ができた場合、どうしてもそれを詳しく伝えたい衝動に駆られてしまいます。その気持ちをぐっとこらえて、コンパクトにすることが大切です。

確かにタイトルには文字制限が掛かりますし、普通に考えて内容の全てをタイトルで補えるものなら内容が薄くなります。このため作成した記事の中で最も言いたいことを、いの一番に目につくタイトルに持って来るのが普通です。


このような技術があれば記事の中でだらだらと長文を書かなくとも、それより短い文章で十分読み手の心をぐっとつかむことができるのです。当然文字数が少ないので、一つの記事に費やす時間が少なくて済みます。

毎日アップすることは簡単そうに見えて意外と難しいです。確かに毎回長文を書いていると、書きたいことがすぐになくなってしまいます。小出しにしてそれをより深く掘り下げることで、他のブログとは違うオリジナリティを出すのです。


最適な訓練として、タイトルの文字数を30字程度に抑えるのがいいでしょう。これにより読み手の読む意欲も自ずとわきます。


次に自分がどの年齢層をターゲットとするかがポイントになります。若者中心なら若者がよく使う言葉で気持ちをぐっと捉えるのも良いでしょう。

若者は流行に非常に敏感なので、タイムリーな言葉をタイトルに添えるとそれだけで新規のお客さんをゲットできることが多々あります。


一方で、中年層になると今度は仕事や子育ての情報を特に知りたいと思う人が増えます。代表的な作成例としてどうすれば仕事で出世できるのか、生産性を上げるこつなどについて述べることをおすすめします。

また、子供との接し方や子供を上手にしかる方法などをタイトルのワードにおいて興味を引きます。高齢者になると趣味の話題が効果的です。


人間誰しも趣味がありますし、高齢者となると一線を退いているので、仕事に追われることがなく趣味の時間に没頭できるといえます。このため、どこにでも書いてあるような趣味の内容のタイトルでは、興味を惹きつけることができません。

より多くの人が上達したいと思っているので、技術向上に重きを置いた記事を書き、それを紹介するタイトルをつけましょう。基本は記事ごとにその内容を最も短い言葉で要約したものが、そのままタイトルとしてふさわしいことが多いです。


タイトルの付け方④ターゲットへのメッセージ性を高める

ブログを作るに当たり、どのような人をターゲットにするかが非常に重要です。

ターゲットが明確になっていないと、誰に向けてメッセージを発信しているのかぼやけてしまい、日々アップする記事内容に一貫性がなくなってしまいます。こうなるとそのブログを運営するのは誰でも良くなってしまい、自身のモチベーションの低下へとつながります。


アクセス数を増やすどころではなくなってしまうので、最低でもこの人には見て欲しいというターゲットをなるべく早い段階で決めておきましょう。それが決まればその人達に向けてどのような記事を作るかが重要になります。


記事が書ければようやくタイトルをつけることになります。ブログ初心者は先にタイトルありきで記事を書こうとしますが、これはあまり良い手法ではありません。

あくまでタイトルは閲覧しようか迷っている人の目を止まらせる程度の効果なので、実力がはっきりと分かるのは記事内容です。かといって疎かにしてしまっては足下を軽くすくわれます。目に止まらないと記事さえ読んでくれないからです。


ターゲットに向けてのメッセージ性を高めたものであれば、記事を開く所まで誘導できます。あとは記事の書き方へと移るので、その前段階としてメッセージをできるだけ高めます。

方法としては若者に対しては流行の言葉や服などが彼らの心に響きやすいです。

もちろんぱっと頭に浮かんでこないので、たえずいろんな所にアンテナを張っておいてすぐにその情報を取り出せるようにしておく必要があります。

これを情報収集力と言いますが、最も簡単なのはインターネットです。


検索すればある程度の知識は時間をかけずに手に入ります。あとは実際に目で見て確認しましょう。その上で自分はそのコンテンツをどう感じたのかという感想をタイトルに持ってくると最も心情を動かしやすいです。


中高年に対しては子供に関する記事が良いでしょう。人生の中で最も子供にふれあう期間になるので、誰しも何らかの悩みを抱えています。

こうした場合はどうすれば良いのかという行動指針をパターン分けしたものをタイトルに持ってくることで、その先にある記事を読もうという気持ちへとつながります。


高齢者に対しては余暇をキーワードにすると良いでしょう。人生の中で最も余裕がある時間に生きていますので、その余暇をもっと楽しくする方法などをタイトルに持ってきて彼らの興味を惹きつけましょう。


記事の書き方①質が高い記事を意識する

アクセス数がアップする記事の書き方ですが、質が高い記事を意識した作りでなければなりません。

誰でも書ける記事は内容がそれ相応の物なので、一目見ただけで質が低いのがばれてしまいます。


このような記事にならないポイントとして、同じ言葉か表現を繰り返して使いすぎないようにしましょう。使ってもせいぜい2~3回に留めます。

明らかに文が離れている場合はそれほど目につきませんが、近い文章で頻繁に使っていたら読み手からすると非常に稚拙な文章に移ります。

表現が同じなので、すぐに飽きてしまい定期購読者がいっこうに増えません。

内容も薄っぺらい物になりがちで、他のブログへと鞍替えしてしまうのです。


これは簡単に防げます。まず記事が出来上がったら、すぐ投稿するのではなく、自分自身で検閲します。誤字脱字をチェックするのはもちろんのこと、文の言い回しがくどくないか、同じ表現が使われていないか見直すのがいいです。

おかしいところがあればそこで直すのですが、どうしてもその表現でなければ自分の思いがうまく伝わらないことは結構あります。そんなときは言い回しや表現に関して似たような文章に変えることで、読み手にそれほどくどさを与えません。


逆に含蓄があると好評かを得られることもあるので、何か別の良い表現がないか常に意識して文章を作りましょう。

あらかじめ意識した状態で記事を作れば見直す時間がかなり省けます。空いた時間に本や新聞を読んで自信の読解力をさらに向上します。


自分で書いた文章で自分が分からなければ、当然他人も読んでいて理解できません。記事に書いてある内容が理解できないのに、リピーターになるのはよほどの物好きでなければあり得ません。

意味不明な記事を書いていては、せっかくこまめにブログに記事をアップしてもいっこうにアクセス数は増えないのです。


意識すべきレベルは中学生でも理解できる文章で記事を作ることです。中学生なのでおおよその漢字は理解できます。

難しい漢字を使う必要は無いので、平易な言葉で言い換えることも書き手の技術レベルが問われるポイントです。いかにしてより多くの人が理解できる文章にできるかが質の高い記事への第一歩と言えます。


内容に関しては二の次です。

時間を消費してわざわざ自分のブログに見に来てくれているという意識を、記事作成時に常に思いながら作ると良いでしょう。客観的な視点で記事を見ることも重要です。


記事の書き方②共起語を入れる

共起語とはなにか?
共起語とは、あるキーワードが文章中に出た時に、その文章で頻繁に用いられる単語のことを差します。例えば、”肌荒れ”というキーワードが文章中に出てくると、その文章には ”ニキビ” や “乾燥” というキーワードが良く用いられます。このように、あるキーワードと共によく使われるキーワードが共起語です。
引用 https://www.honki-factory.co.jp/%E3%80%90seo%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E3%80%91seo%E3%81%A7%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E5%85%B1%E8%B5%B7%E8%AA%9E%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

普段記事作成時には気にとめないことですが、内容に共起語を入れるように心がけると良い点があります。

それはSEO効果につながりやすくなる点です。


一つのキーワードだったら上手に検索しないとはじかれてしまいますが、二つ以上のキーワードを自然に文章に入れるようにした場合、それ通りにインターネット利用者が検索ワードを打つと、かなりの確率でブログの記事にたどり着けます。

入りとしてはブログからではなく、記事からなのでトリッキーではありますが、一読者としては変わりないので、あとは記事内容で勝負することになります。


検索の段階ですでに興味は持っているので、普通の人よりは記事を楽しく読んでくれる可能性が高いと言えます。SEO効果は興味を持っている人をブログと結びつける働きもあるので、思った以上に強力な効果であると言えます。

上級者になるとその記事内容は一般的な物でも、いったんブログに来てもらうことで、その人がもっと知りたいであろう知識や情報を、ふんだんに入れた記事へと誘導する方法もできます。


共起語によってお客さんを呼び込む客寄せパンダ的な記事を、あらかじめ作っておくのも一つの手です。共起語はできるだけ入れた方がその分、ブログのアクセス数を飛躍的にアップさせる効果があります。

しかし、慣れていない人が書こうとすると中々うまくいきません。こつとしては多くの本や新聞を読んで文の流れや運び方を覚えることです。これによりその人にしか書けない独特な文のリズムを生み出せます。


それだけでなく、言葉と言葉または単語と単語がどのように書くと共起語となるのかが感覚として分かるようになります。また、難しい言葉になればなるほど共起語が発生する可能性が高くなります。

通常のありふれた言葉と比べてあまり使わない言葉なので、ある言葉とのつながりが出てくる可能性があります。これを発見できればしめた物です。

片っ端からブログ記事を作成しなくても2~3個重点的に長文記事を書けば多くの検索者を呼び込めます。そこからはいかにして初読者を常連客にするかという次の段階になります。


このような感覚は実際に経験するしかないです。もちろん一朝一夕でできる物でもないので、日々努力することが大切です。

時間は掛かりますが、いったん身につけばずっと使えるので自身のセンスを磨く意味でも多くの文章に毎日触れて慣れることが大切です。


記事の書き方③情報の引用元を書く

結果的に質の高い記事にもなりますが、情報の引用元を書くように心がけましょう。

これは常に意識して取り組まないと、ついつい忘れがちなポイントです。タイトルのように絶対に書かないといけない物ではないので、多くの人が疎かになります。


何故疎かになるのかというと、情報の引用元を書くのは非常に時間が掛かる割に、やる気が起こらないいわば作業だからです。

一冊の本から記事を書いたのであればさほど面倒ではないですが、大抵の場合、多くの書籍や文献、サイトなどを参考に記事作成をします。


それらが多ければ多いほど記事の信頼性が高く、質も高い文章が書ける傾向にあるので、ブログのアクセス数を増やしたいのであれば、絶対にした方が良いことの一つです。

時間短縮のこつとしては最初に情報を引用する文献などのページに付箋を貼りましょう。こうすれば、どこを引用したのかすぐに分かりますし、作成した記事の中で文章に注意書きを振りやすいです。


全く注意書きを振らずに最後に引用元だけををずらっと並べる方法もありますが、これはフェアではありません。

なぜならどの情報を引用したのかが、読み手がぱっと見たときに分からないからです。


独力で情報を収集したり、文章を考えたのならまだしも、他人のものを借りている様な状態です。著作権はないにしろ、倫理的に考えると借りた物を返す意味でも、情報の引用元は注意書きをもって書くべきでしょう。


これをまじめに書くことで得られるメリットがあります。それは、読み手との信頼関係の強化です。

読み手も馬鹿ではないので、どのようにブログ運営者が記事を作成しているのか、何個か見ているうちに把握できます。

他人の物を併記で借りて返さない様な人間性が垣間見えるブログを、誰が好き好んで愛読するでしょうか。一部の読み手に奇跡的に支持を得られたとしても、アクセス数を増やすことは非常に難しいでしょう。


多くの人が共感できない記事は人気ブログにはなり得ません。このことを意識した上で情報の引用元は必ず書くようにしましょう。

ただし、それが多すぎてもいけません。あくまで共感しているという立場で引用するため、その量が多かればそれはもう他人の記事に成り下がります。

自身の思いがしっかり持っている状態でそれをより詳しくし、読み手が分かりやすいようにするためのスパイスとして情報を丁寧に用いるように心がけましょう。


記事の書き方④オリジナリティがある記事を書く

ナンバーワンの記事作成を目指すよりも、オンリーワンの記事作成を目指す方がより効率良くアクセス数を増やせます。

別に意識としてナンバーワンの記事を目指すのは悪くありませんが、どうしても視野が狭くなりがちです。視野が狭いと自分以外の誰でも似たような内容の記事が書ける可能性があるので、アクセス数が増えず、読者が分散してしまいます。


アクセス数を増やすためには固定客をいかに作って離さないかが一つのポイントです。寿司屋が常連を離さないために他とは違う新鮮なネタや接客をするような物です。

ブログではそれがオリジナリティに当たります。誰でも見られるのでお金を使う必要はありません。見たいときに見たい人が記事内容をクリックすれば良いので、読者が虜になるようなオリジナリティが必要不可欠になります。


それは人によってとらえ方が違いますが、自分のカラーをブログで上手に出せればそれはそれで一つのオリジナリティになります。

具体的に言うと、文章を特異な始まりや終わりにして特許みたいな物にするということです。その人にしか書けない独特な言い回しや表現によって読者を虜にするのです。


常に質の高い記事が提供できるとは限りません。ブログをアップするのは人間である以上、体調が悪いときや気分が乗らないときは通常よりも記事の質が落ちがちです。

そんなときでもこのオリジナリティがあれば、多少のミスなどは読者が大目に見てくれる可能性があります。なじみの店がたまに美味しくなくても、許してあげるといった精神です。


このような読者が増えれば増えるほど固定客がついている証拠にもなるので、自信を持ってブログ運営ができます。

自分自身でオリジナリティがなかなか把握することができなければ、他のブログで似たような記事を書いているものをひたすら読みあさりましょう。


その上で、自身の記事と内容を比較します。細かい言い回しはもちろんのこと、全体の文字のバランスや、話の展開の仕方をしっかり意識して個々に分析をすれば自ずとその人のカラーが分かってきます。

あとは分析した結果で自信のカラーにしたい所を伸ばしていけば良いのです。


無理にする必要はありませんが、なるべくオリジナリティはもっておいた方が、記事の内容で迷ったときによりどころとなり得ますので、スランプに陥りにくくなります。

記事作成が楽しいと思えるのでアップ数も自ずと増えます。


タイトルと記事以外でブログのアクセス数をアップできる方法

タイトルと記事以外でブログのアクセス数をどのように増やすかですが、2点あります。


1点目はコメント欄を充実させることです。

気に入った記事に関して読者がコメントを書けるレイアウトになっていれば良いだけなので、すぐに実践できます。

そのような仕様になっているのか心配であれば、友人や家族に彼らのアカウントで自身のブログ検索をしてもらい、コメント欄が存在するか確かめてもらいます。

さて、コメント欄を如何にして充実させるかですが、質の高い記事が一つでもかければそれに対して誰かしら読者がコメントをしてくれます。


当然多い方が注目度が高いため、アクセス数にはとても良い傾向ですが、一朝一夕でいきなり増える物でも有りません。地道に一つずつ増やしていくのが精神的にもストレスにならないです。

気の持ちようで心の負担はがらりと変わります。記事にもそれが余裕のある内容として現れます。最初の段階であれば、一つでもコメントがあればしめた物です。コメントに対して必ず返答するようにしましょう。


それもお礼をいの一番に述べます。これが意外と難しく、特に自分が自信のある記事が書けたと喜んでいる物に対して批判するコメントがあれば、どうしてもお礼を言うのをためらってしまいます。

そうではなく、記事を読んでくれたことに対する感謝の意を伝えると言うことです。内容に関しても表だって批判せず、そのような意見もあると客観的に見ることで、独りよがりの考えにならずに済みます。


悪質な物でなければ感謝の意を伝えた上で、賛同するか自分としての見解を述べるかという程度に済ませましょう。

コメントを記入した人は自分のコメントがどのように書き手の考えを変えたのか気になりますので、必ずその記事に戻ってきます。上級者はこのタイミングを見計らってあらかじめ新しい記事をアップしておきます。特にそれがコメントに関する内容であればまず見てくれるでしょう。


このようにしてコメント欄は意外と重要なコンテンツなので充実させるに越したことはありません。


2つ目はブログランキングを挙げることです。

記事を見てもらった人に対して上手に良い評価のボタンを押してもらえれば、ランキング上位になります。

人間は不思議な生き物で、ランキングが上位であればあるほど頭の中で勝手に付加価値をつけます。つまりそのランキングを見た新規のお客さんをブログに呼び込みやすくなるのです。


まとめ

専業主婦の在宅ワーク

ブログのアクセス数を増やすには、タイトルの付け方と記事内容の二本柱が非常に大切です。

この一方が欠けてもいけないので、常に意識して作成に取り組む必要があります。

時に反省をしながら何らかの記事をアップすることで自ずとオリジナリティもでき、質の高い記事へと昇華できることでしょう。

スポンサーリンク


※アフィリエイトで稼げる商品が売れる記事の書き方です。

ブログのアクセス数と収入を増やすライティング方法!2018年最新情報
アフィリエイトで稼げるコピーライティング!具体的なやり方紹介
アフィリエイトで稼ぐためのブログ記事の書き方3つ
トレンドアフィリエイトにオススメの記事の書き方!アクセスアップするコツ
商品が売れる記事の書き方!
簡単にアフィリエイトブログの記事が書けるようになる方法!文章の書き方
アフィリエイトで商品が売れる文章の書き方!記事を書くスピードも速くなる

The following two tabs change content below.
林 源太

林 源太

北陸地方で自営業をしている『林 源太』です。40歳を過ぎた頃から将来の収入が不安になり、独学でアフィリエイトを始めました。アフィリエイトセミナーや有名なアフィリエイトの先生に助けてもらいながら、初心者でも2016年5月31日現在で月収300万円以上稼ぐことに成功しています。アフィリエイトを始めてまだ2年と少しの初心者ですが、同じ悩みを持つ人も多いと思うのでサイドビジネスや副業などをブログで紹介していきます。 好きな食べ物 のどぐろ 好きな言葉 なんとかなるさ 血液型 a型